100均キャンドゥの圧縮袋は使い方簡単で収納におすすめ!

そろそろ衣替えの時期ですね。衣替えをしたお洋服はどうやって仕舞っていますか?

我が家では去年まではカラーボックスでした。ですが、新しい家族が増えてスペースが足りず、今年は趣向を変えることに。

だんだんと増える家族と荷物に、嬉しさを感じつつも、こればっかりは頭を悩ませますよね。かといって捨てるのもなーと。

そこで今回は、場所を取らずに仕舞える100円均キャンドゥの便利グッズをご紹介します。

スポンサーリンク
 

キャンドゥの圧縮袋は収納に本当に最適なの?

今回ご紹介したいのは、お布団の収納でお馴染みの『圧縮袋』です。まず、衣替えをする際、お洋服はどちらに収納していますか?

なんとなく、カラーボックスや箪笥の下の段、まとめて納戸へという方が多い気がします。でも、カラーボックスって、意外と場所を取るもの。

家族や荷物が増えると一気に収納スペースが埋まってしまうことが、私の悩みの種でした。

そこでカラーボックスと納戸へポイすることを廃止し、代わりの収納方法を模索していました。

目を付けたのは、『圧縮袋』です。お使いのご家庭は多いと思いますが、意外と高いのをご存知でしょうか?

例えば、お布団用の圧縮袋は1000円前後、衣類用は400円前後です。しかも1~2枚ですべて済むはずなく、結局は3000円前後と結構な金額に・・・。

私からすると「圧縮袋ごときにお金を出したくない!」というのが本音です。ただし、安かろう悪かろうじゃ困るんだよな・・・。

スポンサーリンク

使い勝手やサイズはどうかな?と半信半疑で思って向かった100円均一のキャンドゥ。そこで見つけた『圧縮袋(衣類編)』について検証をしていきたいと思います。

キャンドゥの圧縮袋の使い勝手やサイズについて

まずはサイズですが、50cm×60cmの普通サイズです。写真にも記載があるように、スキーウェアや冬用のコートなら2枚、セーターなら4枚が目安です。

これからの時期は、夏用を仕舞う方が多いので、1袋でもっといけそうですね。夏用のお洋服は薄いので、10枚入れても余裕でした。

さて、お次は使い勝手です。掃除機で圧縮できるようにバルブが付いています。これがあるのとないのでは、圧縮の度合いが大違いです。

面白いぐらいペッちゃんこになりました!厚さでいうと2㎝程度まで!バルブ部分を離しても、空気の逆流はありませんでした。これはいくつも上に積み重ねることが出来て便利でした。

キャンドゥの圧縮袋を使ってみた感想

まず実感したのは、仕舞うスペースが全く違う!ということです。我が家では4段のカラーボックスを使っていたのですが、約1段分で済みました。

なので、仕舞う場所も、納戸の空いているところに放り込んでしまい、カラーボックスがあった場所はまるまる空いてしまいました。

洋服だけでこの成果は、とても大きいです。もしお布団やこたつのことを考えると、どれだけのスペース削減になるこ
とか。

また、今回は掃除機で吸い込むバルブ付きのものと、ついていないものを購入しましたが、バルブ付きのものの方が断然おすすめです。

加えて我が家の場合ですが、人によって洋服の量が全く違うため、カラーボックスだと綺麗に段が分かれずに、混ざってしまうんです。

ですが圧縮袋にすることで、分量の違いは気にならずに仕舞うことが出来たので、「○○用」のように個人別に収納できたことも分かりやすく助かりました。

キャンドゥの圧縮袋 まとめ 

毎年、家族は面倒くさがって手伝わないため、今回も私一人で片づけるつもりでしたが、なぜか圧縮袋に興味津々の旦那さん。

やはり袋に詰めるのはやりませんでしたが、掃除機で圧縮する作業は楽しかったようで、ノリノリでそこだけ手伝ってくれました。

私もひとりだと面倒に感じてしまいますが、子供や旦那さんが一緒だと楽しく片付けることが出来ましたよ。

金額も収納スペースも抑えられ、家族で楽しめるアイテムがもっと増えればいいなぁと思いますね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする