100均ダイソーの皮むき手袋は超便利!野菜&魚料理の時短が可能!

魚の鱗とりや野菜の皮むきって面倒だなと思ったことはありませんか?

私はごぼうの皮むきや硬いさつまいもの皮むきが苦手でした。そこで見つけたのがダイソーで売っている野菜や魚の鱗取りの出来る手袋です。

右手用と左手用が別々に販売されていますが手袋表面が結構硬く、片方だけだとザラザラの手袋で怪我をしてしまうかもしれないので両手を購入することをオススメします。

スポンサーリンク
 

ダイソーの皮むき手袋は超便利!

この手袋を使うことで包丁を使う手間が省け時短にもつながりますね。

私は子供にお手伝いをしてもらおうと考えています。手袋のザラザラに気をつければ子供にも簡単につかってもらえます。親子で料理が楽しくなりそうです。

魚の鱗とりもなかなか面倒な作業ですよね。この手袋を準備しておけば専用の道具を買う必要もないので、一家に一つ購入しておくといいですよ。

ダイソーの皮むき手袋は野菜&魚料理の時短が可能!

魚の鱗とりやさつまいも、れんこん、ごぼうの皮むきができます。使い方はとっても簡単、野菜の表面の汚れを水で洗い落としながらこすっていくだけです。

もんだりこすったりすると皮がどんどんむけていきます。ですが野菜の芽をとったり凹凸のある野菜の皮むきの処理には適しません。

魚は片方の手で魚の頭を押さえて手袋のザラザラした面全体を使いウロコを逆手方向にこすります。それでも取れなかった背や腹、エラなどの細かい部分や小さな魚の鱗は指先でこすっていきます。

このダイソーの皮むき手袋は左右別売りになっていて片方だけだとしていない硬いザラザラ面で手を怪我する恐れがあるので両方つけてやるのが理想。

手袋は大きいので大人の男性の手にもすんなりはめられます。簡単で包丁いらずで面倒な皮むきや鱗とりができるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

両手に手袋をしていれば危なくないですし、子供にもお手伝いしてもらえそうですね。

ダイソーの皮むき手袋を使った感想

ごぼうの皮むきが擦っただけで簡単にできて感動しました!ごぼうを握って2、3回擦るだけで皮むきが出来てしまいます。

とても簡単でするする剥けていくので楽しくなってしまいました。じゃがいもやさつまいもでも試しましたがちゃんとむけます。

じゃがいも、もできましたが芽などは取れないのでそこは包丁で取る必要があります。

両手につけてやりましたがザラザラしているので滑ることなく握れます。結構とげとげしている手袋なのでネバネバつるつるしている調理しにくい長いもをする時にも使えます。

時短で料理準備もできますし、楽しく料理の幅が広がるとおもいます。結構厚手の手袋でじゃがいもを茹でてからの皮むきにもつかえそうです。

茹でて少し熱くて剥けない皮でもいけそうです。ただごぼうなどの皮が手袋の凹凸に入り込みなかなか取れなかったのが残念。

スポンジで洗う事も出来なかったので強めの水で洗ったりブラシでこすり洗いしたりして干して乾かすしかありません。

ダイソーの皮むき手袋 まとめ 

左手と右手をそろえても200円です。コスパがよくて気軽に使えるので嬉しいですよね。

凹凸部分はなかなか汚れが落ちにくいですが強い水を当てるとある程度は落ちるので心配はありません。

厚手なので中が濡れてしまうと乾かすのに時間がかかるのでそこは注意して使ってくださいね。

この手袋で包丁やピーラーを使わないので料理の準備が本当に楽になります。

更に皮をむく作業が楽しいので子供も進んでお手伝いしてくれます。一緒に作れると楽しい時間になること間違いなしですね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする