無印のプラスチック透明ペンケースはシンプル収納が魅力的!

スマートフォンやタブレットが普及した今でも、筆記具というものは日常に欠かせないアイテムです。

特に学生さんやデスクワークで働いている方は、持ち歩く機会も多いものですよね。

筆記具を持ち歩く際に必要不可欠なのがペンケースです。

スポンサーリンク
 

無印のプラスチック透明ペンケースはシンプル収納が魅力的!

『無印良品』といえば、誰もがご存知のインテリア雑貨ブランドです。シンプルでありながら洗練されたデザインと機能性を兼ね備えているため、幅広い層の方々に支持されていますよね。

そんな無印良品の中でお勧めしたいのが、『ポリプロピレン ダブルペンケース』。無印良品ではポリプロピレンを使用した商品をたくさん取り扱っており、こちらはその中でも人気の商品です。

人気に理由の一つとして、全く無駄がなく、シンプルで使いやすいという点が挙げられるでしょう。見ての通り、文字もイラストも入っておらず、蓋は押し上げるタイプになっています。

半透明なので、中に何が入っているのか見えるのも嬉しいポイントですよね。

ファスナーなども付いていないので引っかかりも殆どありません。手に持って非常にしっくり来るサイズだと思います。

ワンプッシュでパカっと開くので筆記具がスピーディに取り出せるのも助かります。急いでメモをとらなければならない時など、強い味方になってくれるでしょう。

このペンケースの最も魅力的なポイントは、メインの筆記具入れ部分とは別に、小さな小物入れ部分がある点。

『ダブルペンケース』のネーミングの由来ですね。

無印のプラスチック透明ペンケースは小物入れ部分が意外と便利

この小物入れ部分には、ペンケース内でごちゃつきがちな消しゴムや付箋などを別に収納することが出来ます。

鉛筆と消しゴムを同じ所に入れていると、いつの間にか消しゴムが鉛筆で汚れて真っ黒になった経験などありませんか?

汚れた消しゴムだと、きれいに文字を消すことが出来ないどころか、かえって紙を汚してしまうこともありますよね。このダブルペンケースであれば、そんなこともなくなります。

事務でよく使うクリップや、印鑑を収納することも出来ますよ!

スポンサーリンク

厚みは25mmとやや薄めですので、カバンの中に入れてもかさばりにくく場所も取りません。一般的なオフィスデスクの引き出しであれば、2つ重ねてもすんなり収まりますよ。

無印のプラスチック透明ペンケースは丈夫で汚れにくい!

私はこのペンケースを2つ持っており、一つはマジック入れ、もう一つはつけペン入れとして使用しています。

つけペンの軸の中には普通のペンに比べてかなり長めの作りになっているものもあるのですが、斜めにすれば丁度収まってくれます。

ミドルサイズのペン軸であれば普通に入れることも出来ますよ。買い置きしている予備のペン先も一緒に入れています。

小物入れ部分には使用中のペン先が入っています。ペン先のサイズにぴったりで取り出しやすいので非常に重宝しています。

こういったつけペン軸、及びペン先というものはインクを使用するため、とても汚れやすいのですが、このペンケースの場合ポリプロピレン素材で作られているため、汚れに強いのです。

ちょっとしたインク汚れ程度であれば、ウェットティッシュでサッと拭うだけできれいに落とすことが出来ます。

やや時間が経ったものでも、除光液やシンナーを使えば殆ど消えてしまいます。もちろん、跡も残りません。

無印のプラスチック透明ペンケースのまとめ

ダブルペンケースは、シンプル性を楽しみたい方はもちろん、自分なりにアレンジして楽しみたい方にもおすすめの商品です。

マスキングテープやステッカーなどでデコレーションしてみるのも素敵ですよね。

また、筆記具だけでなく、工具入れやピルケースとして使用している方もいらっしゃいます。アイデア次第で色々な使い方ができるのも嬉しいポイントと言えるのではないでしょうか。

一つたったの280円ととてもリーズナブルですので、用途に合わせて使い分けるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする